美学ラボ

低糖質パンレシピ ふすま粉&大豆粉のハイブリッド食パン

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

糖質制限をしていると米が食べられないので、主食として低糖質パンの出番が増えます。

もちろん、今やいろいろな低糖質パンが通販で買えますのでそちらを利用してもいいと思います。

たまたま、私は元々食パンや丸パン(ロールパン)だけは家で焼いていたので、
じゃ糖質制限用食パンも作るか!ってことでいろいろチャレンジしてみました。

んで、最終的に落ち着いたのが「ふすま粉」と「大豆粉」両方使いのハイブリッド低糖質食パンです。

 

低糖質食パン:ふすま粉&大豆粉のハイブリッド食パン

低糖質食パン:ふすま粉&大豆粉のハイブリッド糖質制限食パン

低糖質食パン:ふすま粉&大豆粉のハイブリッド食パンの材料

パンdeスマートミックス
:100g
大豆粉
:100g
:1個
ラカントS
:30g
バター
:30g
牛乳
:200ml
ドライイースト
:5g
:5g

 

パンdeスマートミックスを使います。(amazonならこちら

※大豆粉は大豆まるごと工房の「まるごと大豆粉」を使っています。amazonでも買えます♪

ラカントS の量はお好みで調整されてください

※牛乳の糖質が気になる方はお水でもよいかと

※グルテンパウダー等は追加しません

 

 

低糖質食パン:ふすま粉&大豆粉のハイブリッド食パンの作り方

私の場合は捏ねるのはニーダーを使っています↓

ということで、材料全部ニーダーに入れて、そのままタイマーで20分捏ね、40分一次発酵。

その後、取り出して3分割して丸めます。

 

低糖質食パン:ふすま粉&大豆粉のハイブリッド糖質制限食パン

 

10分ほど生地を休ませたら、手でぺったんこに伸ばして、たたんで、くるくる丸めて食パン型に入れます。

普通に小麦粉のパンの場合は麺棒でやりますが、大豆粉が入るとどうしてもベタベタしてしまうので、手で伸ばした方がストレスありません^^;

ちなみにくっつき防止に使っているのは小麦ファイバー・・
買ったはいいけど、かなり使いづらく・・最近もっぱら打ち粉として利用・・

 

低糖質食パン:ふすま粉&大豆粉のハイブリッド糖質制限食パン

 

ちなみにこの食パン型は1.5斤用なので、実はこの分量ではちょっと足りません。
(普通の小麦粉パンの場合はこの型の場合小麦粉400g使ってますので)

ま、いっか、で気にせず使ってます^^;

 

ラップをかけて濡れふきんを乗せて、2~3時間(気温によりけり)放置、もとい、2次発酵させます。

 

低糖質食パン:ふすま粉&大豆粉のハイブリッド糖質制限食パン

 

と、この食パン型は1.5斤用・・・ってことで
絶対パン型の上の方までは生地が来ないので、このあたりで焼きへ!

180度で23分焼きました。

 

低糖質食パン:ふすま粉&大豆粉のハイブリッド糖質制限食パン

 

焼くことで更に高さがでてこんな感じに^^

冷めてからカットしますが、大体6枚切りの厚さで8~9枚分くらいになるかな?
(端っこの扱いで8枚になったり9枚になったり)
まあだいたい、1枚あたり糖質4gほどです。

牛乳を水にすれば糖質はもっと減りますが、そこらへんはお味のお好みで調節してください。

 

 

何故ふすま粉&大豆粉のハイブリッド食パンなのか

低糖質パンといえば「ふすま粉」利用が真っ先に思うところで、私もパンdeスマートミックスだけを使って食パンを焼いたのですが・・・ちょっとふすまの味に慣れず・・

あと無理やり伸ばしたようなふにゃふにゃ感も苦手で、すぐに嫌になってしまいました。

 

次に「まるごと大豆粉」を使った食パンを作ったのですが、今度はやたら生地が扱いづらい汗
超ベタベタ。時にはベタベタ通り過ぎて「泥か!?」なんて時もあったりで。

そのうえ、高さの出ない、背の低い食パンに・・orz

でも味はふすま粉のパンより大豆粉のパンの方がおいしいんですよね。

 

ということで。

じゃ、混ぜちゃえってことでふすま粉と大豆粉両方使ったら、これが意外と中々イケル。

最初は大豆粉を使った分グルテンも追加したのですが、無くしても全然okだったので、今はグルテンパウダーは追加していません。

 

ふすま粉&大豆粉のハイブリッド糖質制限食パン、ぜひ試してみてください★

 

あわせて読みたい

  1. 低糖質全卵プリン

    2016/07/2615:49

同じカテゴリーの記事

RETURN TOP