美学ラボ

スーパー糖質制限とプチ糖質制限

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

糖質制限といってもやり方はいろいろです。

実際にどこまで制限するかはお好み次第、というか、ご自身の体調と体質と生活習慣、
そして「どれだけの結果をいつまでに出したいか」によって決めて頂ければと思います。

スーパー糖質制限

 

スーパー糖質制限とプチ糖質制限

糖質制限の種類を大きく3つに分けるとこんな感じです。

スーパー糖質制限

  • 一日の三食とも主食を食べない
  • 一日の糖質摂取量の目安:30g~60g

スタンダード糖質制限

  • 一日の二食は主食を食べない
  • 一日の糖質摂取量の目安:80g~120g

プチ糖質制限

  • 一日の一食は主食を食べない
  • 一日の糖質摂取量の目安:120g~170g

江部康二先生での種類分け

 

ただ個人的には「プチ糖質制限」や「スタンダード糖質制限」ではダイエット効果は薄いと思います。

この辺りはあくまで「糖質の取りすぎをセーブする」ことが主目的で「体調を整える」って感じになるのではないのかなあと。

 

実際、私の場合、夜ごはんの時にはおかずしか食べない生活をしていたこともありますが、
体重は全く減りませんでした( ̄▽ ̄;)

 

というのも、「私は夜だけの糖質制限だし!」と、結局は朝や昼にガッツリ食べちゃうんですよね。

なので、ちゃんと1日通してコントロールする自信のない方は、
ここはスッパリとスーパー糖質制限をされる方が良いのではないかなと思います。

 

 

ダイエット目的ならまずはスーパー糖質制限で頑張ろう

ダイエット効果を期待したいなら、スーパー糖質制限でしっかり体重を落として、
それからスタンダード糖質制限やプチ糖質制限に移行して現状維持を心がける感じがスムーズかと思います。

 

会社員の方や、外食が多くなる方は難しいよ!と思われるかもしれませんが、
外食だって「ご飯」「パン」あと「フライドポテト」なんてものを避ければ結構大丈夫です。

お店でいえば中華・イタリアン・粉モン、そしてジャンクフード系を避ける感じ。

ソースやらお肉にはたいてある小麦粉や片栗粉レベルなら、食べてもそれほどの糖質量にはなりません。
(もちろんジャブジャブかける場合は別ですよ!)

 

例えばから揚げ。
5~6個食べたって糖質量は10~20gです。

実際の糖質量はお店・作り方によりけりでバラつきがありますが、ご飯食べなければ割と大丈夫だったりします。

 

糖質制限をされている方の中には、
それこそソースの糖質までこだわって徹底的にやっている方もいますが、
先ほど説明した「スーパー糖質制限」だって1食あたり20gまで糖質とったっていいと考えると、そこまでしなくても・・と私は思います。

特に外食時にお肉にかかっているソースを箸でそぎ落としてたらさすがに変な人ですよ(;´∀`)

 

なので、ダイエット時の基本スタンスは「スーパー糖質制限」として、
自分なりのOKライン(多少のソースは許す、とか)とNGライン(ご飯・パン・デザートはあきらめる)をしっかり見極めながら1日の糖質量をコントロールされてみてくださいね。

 

あわせて読みたい

同じカテゴリーの記事

RETURN TOP