美学ラボ

糖質制限ダイエット:2ヵ月目の変化

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

糖質制限ダイエットも2ヵ月目に入ると慣れたものです。

日々悩んでいた朝ごはんメニューも

ふすまパン・サラダ・ゆで卵

といった感じのパターンが決まってきたのと、
あと土日、つまり家族の目がある時でも堂々と1人だけ違うメニューを食べることに平気になってきたことが良かったのかもしれません。

 

糖質制限スタートから1ヵ月目から2ヵ月目

この時のグラフを見てもらった方が早いかも。

 

糖質制限ダイエット 体重の変化グラフ

 

糖質制限に慣れてきたこともあって、やっと体重が減りました!

減るときは1日300gずつくらい落ちていく感じで、

このままいくとあっという間に目標達成では!?

と思ったのですが、そうはうまくいきませんね~^^;

 

1.5kgくらい落ちたところで停滞期に突入!

多少の増減を繰り返し、結局2週間近く体重が動きませんでした。

 

 

ダイエット停滞期を脱出した方法とは

2週間もダラダラと体重が動かなくなってしまい、
糖質制限ダイエットへのモチベーションも低下。

筋トレもある程度はやっていましたが、こーも変化がないとどうしたものやら・・

 

そもそも「糖質制限に慣れた=飽きてきた」ってのもあり

「白いパンが食べたい!!」

と思ってきていました。
(ふすまパンは濃い色なのです・・)

 

ハイジの白パン

アルプスの少女ハイジ リマスターDVD-BOX

 

んで、いろいろ調べると停滞期脱出に「チートデイ」を取り入れるやり方もあるので、
(チートデイ=一度糖質もカロリーもガッツリ入れて、いったんリセットするやり方)
これ以上体重が動かないようならチートデイをやってみるか!

じゃ、今度の週末にお寿司でも食べに行ってやる!!

と、週末に向けてワクワクしてました。

 

そしたらなんと・・

 

そう思った次の日から体重が減ってきちゃったよ!

 

このワクワク感が良かったのか、幸か不幸か停滞期を脱出してしまいました・・orz

おかげで結局チートデイは中止、楽しみにしていたお寿司屋も諦め、
かろうじて、お昼にびっくりドンキーのハンバーグ(もちろんご飯のついてないやつ)、
夜にハイボール飲んで少しだけ酔って気分だけのチートデイ終了・・

 

 

ダイエットには停滞期と減量期がある

先ほどの体重のグラフをもう一度。
ちなみに折れ線が体重で、あと青が総カロリーでオレンジ部分がその内の糖質量となってます。

 

糖質制限ダイエット 体重の変化グラフ

 

これを見ると明らかかもしれませんが、

カロリーって体重の変化にあんまり関係ないよね?

って感じです。

 

一応ダイエット中ということで、
総カロリーも基礎・活動代謝から少し少なめの1350kcalあたりを目指していますが、
(ちなみに普段デスクワーク中心なので活動代謝は低い!)
1日の摂取カロリーが少ないからといって体重が減るわけでもないし、
逆に多めにカロリーを取ってしまったからといって体重が増えるわけでもない。

 

もちろん、毎日大幅に摂取しすぎるのは問題でしょうが、
普通の食生活の中でならそれほど厳密にカロリーは気にしなくてもいいのかなあと思いました。

 

あわせて読みたい

同じカテゴリーの記事

RETURN TOP