美学ラボ

糖質制限ダイエット:1ヵ月目の変化

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

今から思えば糖質依存症だった私が糖質制限を始めると、2週間くらいが一番キツかったのですが、そこを過ぎると精神的にもだいぶんと落ち着いてきました。

何がよくて何がダメなのかがハッキリわかっていたというのもあるし、
自分なりのルール、例えば私の場合は「調味料類はそこまで気にしない」とかいった守るべきラインと緩めるラインを決めたことが良かったのかもしれません。

 

糖質制限スタートから2週目から3週目

糖質制限をはじめて2週間目くらいまでは、糖質量も大幅にオーバーしまくりで、当然ダイエット効果もイマイチでした。

3週間目くらいになるとだんだん糖質制限というものが分かってきて、
糖質が制限できるようになってきたのですが、反面、
糖質をカットするとカロリーまで低くなるようになってしまいました。

 

例えばスーパーに行くと、今まで全く目に入っていなかったのですが
糖質オフ麺などが売っていることに気が付き、これはいい!と思ってよく買っていたんですね。

 

ただ、これらの糖質オフ麺は、よーはこんにゃく等を利用した麺で、糖質も低いけど、カロリーもない。

 

なので、糖質を抑えることに夢中で、摂取すべきタンパク質や脂質まで目がいかず

糖質オフにする=カロリーもオフになる

といった状態でした。

 

1日の摂取カロリーが低いと体はセーブモード(節約状態)になってしまい、
たとえ一時的に体重が減っても次の食事でカロリーが戻ると体重も増えてしまいます。

俗にいう、カロリー制限ダイエットでのリバウンド状態。

 

結果として、体重が減るどころか増えてしまいました orz

 

 

糖質制限スタートから3週目から1ヵ月目

そんな紆余曲折を繰り返しながら、糖質制限から3週間がたつと、だんだんとコツというか、糖質制限というものが分かってきました。

 

あと、世の中にはいろんな代換食があるんだということを知り
(ふすま粉とか大豆粉とか)
そういうものを使えばパンだって食べられるし、粉モン系も食べられる!

っていうか、肉とか卵は食べていいんだよ!という当たり前のことに気づいたのも大きいです。

 

それまでお昼ご飯といったら「軽食」的なイメージにとらわれていましたが、
お昼ご飯に「一人すき焼き」とか笑(もちろん砂糖はラカントS使用で!)
当たり前のように普通に食べるようになってきました。

 

このころから食べ物のことを考えることも減ってきて、
それに伴い糖質量も1日50g制限ができ、でもカロリーは維持することで逆に体重は減っていきました。

 

糖質制限 変化グラフ

 

モチベーションもアップです!

 

あわせて読みたい

同じカテゴリーの記事

RETURN TOP